NEWS

2022.05.11  PDF版 

「40代」後半の約半数は、すでにアルツハイマー病の最初期の可能性 アルツハイマー病の進行状況年齢分布発表

MIG株式会社(代表取締役社長:甲斐英隆、本社 東京都渋谷区、以下「MIG」)は、アルツハイマー病の最初期からの進行状況の年齢分布を発表しました。 アルツハイマー病は発症するまでに「最初期の脳神経破壊」と、「MCI(軽度認知障害)」を経由します。もの忘れなど自覚症状もまだない「最初期の脳神経破壊」は、発生していても生活習慣の改善などでその後のアルツハイマー病の発症を遅らせることが可能です(図1)。 認知症の原因の70%程を占めるアルツハイマー病は、発症まで20〜30年もの年月をかけて水面下でひっそりと進行しています。40代50代は「隠れ認知症」世代ともいえます。特に40代後半になると約半数の49%が「嗅内野における脳細胞破壊が始まっている」つまり「アルツハイマー病の最初期に入っている」ことがわかります(図2)。   アルツハイマー病の進行ステージ(Braak Stage)と予防タイミング アルツハイマー病の進行状況の年齢分布 ◆「治療法がないのに検査しても怖いだけ」、「現在の検査方法だけでは手遅れ」のアルツハイマー病
これまでアルツハイマー病は、「治療法がないのに検査しても怖い」と検査そのものを敬遠される病気でした。アルツハイマー病は発症してしまうと治療が困難であることに変わりはありませんが、ごく初期に対処をすれば発症を遅らせることは可能です。現在主流である検査方法でもMCI(軽度認知障害)の段階での発見は可能ですが、MCIの段階では既に発症を遅らせることは難しいというのが現状です。 そのため検査することを拒否したり、予防タイミングを逃し発症を待つだけという状況になっています。
詳細は、 PDF版 をご覧ください。
2022.02.25  PDF版 

集英社と村上もとか先生とのコラボでMIGの認知症予防アプローチを題材に
~『JIN-仁-と学ぶ 認知症「超」早期発見と予防法』を出版~

MIG株式会社(代表取締役社長:甲斐英隆、本社 東京都渋谷区、以下「MIG」)と株式会社集英社(発売、代表取締役社長 廣野眞一、本社 東京都千代田区、以下「集英社」)、株式会社集英社クリエイティブ(発行、代表取締役 茨木政彦、本社 東京都千代田区、以下「集英社クリエイティブ」)、及び村上もとか氏(漫画家)がMIGと『JIN-仁-と学ぶ 認知症「超」早期発見と予防法』を2月25日に出版しました。

Brain100 studio サービスのイメージ

現在日本で認知症の人数は約600万人以上と推定され、その前段階の軽度認知障害(MCI)も同等数と考えられています。これは65歳以上の高齢者の3~4人のうち1人が認知症またはその前段階に相当する深刻な社会課題となっています。今後、コロナ禍によって高齢者には巣籠りによるストレスや運動不足により、認知症発症率が更に増加すると予測されています。認知症は、実は超早期診断によって薬物、非薬物療法を早期に開始、適切なケアを施すことによって、ある程度の進行抑制が可能となり予防も期待されていますが、対処法はあまり知られていませんでした。 当書は、MIGが開発した超早期発見予防サービスを多くの人に伝えるため、当社のビジョン(「人生100年、脳の健康を保ち人生を全うする」)に賛同した医療漫画の傑作「JIN-仁」-作者村上もとか先生の協力のもと、主人公南方仁と認知症予防の専門家高島明彦(MIG株式会社共同創業者兼取締役CSO)の対話形式で認知症について紐解く内容にしました。

【MIGのアルツハイマー病「超」早期発見と予防サービス内容と提供場所について】 《VRゴーグルを使用した「VRテスト」》 認知症の中で60%強を占めるアルツハイマー病は、異常タンパク質の蓄積とそれによる脳細胞変性や破壊(神経原線維変化と呼びます)が海馬に近い嗅内野(きゅうないや)という部位で最初に始まります。MIGが開発したVRゴーグルによる空間ナビゲーション脳機能(経路統合能)の測定により、最初に脳細胞の変性が起きる嗅内野が担っている空間ナビゲーション機能の機能低下度合によってVRゴーグルの仮想空間で自分の位置を正しく把握し、目的地に正しく到達できるかを測定することでチェックすることが出来る検査法を確立しました。

詳細は、 PDF版 をご覧ください。
2021.07.15  PDF版 

認知症発症リスクの超早期判定・予防サービスのMIG、南東北グループと共同臨床研究を実施

MIG株式会社(代表取締役社長:甲斐英隆、本社 中央区、以下MIG)と南東北グループ医療法人財団健貢会 総合東京病院(東京都中野区、院長 渡邉貞義)は、「VRゴーグルを用いたナビゲーション機能と空間学習能力の測定による認知機能の定量化に関する研究」の共同臨床研究(研究責任医師:総合東京病院認知症疾患研究センター長・脳神経内科医師 羽生春夫)を2021年4月より準備を進め、7月下旬より臨床試験を開始致します。

Brain100 studio サービスのイメージ

認知症発症につながるとされる異常タンパク質の蓄積は海馬に近い嗅内野(きゅうないや)という部位で始まります。MIGが開発したVRゴーグルによるナビゲーション機能と空間学習能力検査は、最初に脳細胞の変性が起きる嗅内野が担っている空間ナビゲーション機能をVRゴーグルの仮想空間で自分の位置を正しく把握し、目的地に正しく到達できるかを測定することでチェックするもの。本共同臨床研究は、認知機能低下を示す軽度認知障害(MCI)やアルツハイマー型認知症が疑われる患者に対し実施したVRゴーグルによるナビゲーション機能と空間学習能力、及びMRIで測定した海馬亜区域、嗅内皮質体積と神経心理学的検査の結果から、VRゴーグル検査の臨床現場での有効性を評価することを目的とします。

【南東北グループ及び総合東京病院について】 南東北グループは福島県郡山市にある脳神経外科の専門病院(現在総合南東北病院)をルーツとした医療・福祉の総合グループです。脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血など救急医療・急性期医療を要する患者さんと向き合い、その命を救い、QOLを向上させるための医療を希求してきました。「すべては患者さん・利用者さんのために」の理念の下に現在は全国に19医療機関、19介護・福祉施設、1都1府4県120施設に約8,500人の医療・福祉従事者が民間医療機関としてできる「最高の医療」に挑戦しています。
南東北グループは2010年に総合東京病院(東京都中野区)を江古田の森に続く中野区の拠点として開院。2012年、新百合ヶ丘総合病院(神奈川県川崎市)を開院。両院はそれぞれ、リハビリテーション医療と介護・福祉分野がスムーズに連携する事業モデルにより、「住み慣れた地域で、生涯いきいき暮らす」という現代社会の課題に取り組んでいます。

詳細は、 PDF版 をご覧ください。
2020.11.26  PDF版 (嗅内野のナビゲーション機能の低下と認知症リスクの関係や、試験方法などの詳細がご覧になれます)

VRゴーグルを用いたヒト試験で認知症最初期状態の病理像(Braak stage I,II)を示す 〜ヒトの検知に初めて成功〜

―2020日本認知症学会で発表―

MIG株式会社(代表取締役社長:甲斐英隆、本社 中央区、以下MIG)は、学習院大学理学部生命科学科高島研究室との共同研究で認知症に自覚症状のない20代から80代までの男女を対象に嗅内野に存在するグリッド細胞機能を測定する臨床研究を行い、一定の基準値を超えたグリッド細胞機能低下が嗅内野に神経原線維変化が生じる認知症超早期(40代でも始まっているが自覚症状無し)の病理状態を示すBraak Stage I,IIと同じ年代比率を示すことを明らかにしました。この成果は2020年11月26日から開催される第39回日本認知症学会学術集会(http://jsdr39.umin.jp)で発表します。

<試験結果> 20代のerror distance中央値は2.3で最大値は約5Vm となったことから嗅内野が正常な場合の最大error distanceを5Vmとした。50代、60代の中央値は約5Vmであった。データを詳細に見るとこの年代では約半数で5Vmを上回っているので半数程度に嗅内野機能の低下があることが見出された。70歳以降では中央値が約8Vmで8割に嗅内野機能の低下がみられた。MoCA-Jで25点以下のスコアを示した14名の平均error distanceは、6.4Vmであった。25点以上は76名で平均error distanceは4.5Vmであった。各年齢層のerror distanceの平均とMoCA-Jで得られたスコアには高い相関が示された。5Vmは神経心理テストでは正常であるが5Vmを超えた被験者の割合はBraakらの神経原線維変化の病理観察での各年齢層での割合と合致していた(図)。このことからpath integration performanceによるerror distanceの測定は神経原線維変化形成に伴う嗅内野機能低下を反映していると考えられた。なお、各年代で性差は観察されなかった。

BraakStageとErrorDistanceの相関関係
詳細は、 PDF版 をご覧ください。
2020.11.17  PDF版 

認知症発症リスクの早期判定プログラム「Brain100 studio」をMakuakeで販売開始

「VRゴーグル測定と16項目のリスク要因チェック」で、リスク判定レポートと予防アドバイスを提供。クラウドファンディングサイトMakuakeで早割・超早割が購入可能に。お得な体験測定や超早割限定の予防セミナー受講券をお選びいただけます。

Makuakeプロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/brain100studio/

MIG株式会社(代表取締役社長:甲斐英隆、本社 中央区、以下MIG)は、2020年11月17日より認知症予防プログラムの体験測定+限定セミナーチケットをクラウドファンディングサイトMakuake(マクアケ)にて販売開始しました。販売数限定の超早割では「予防セミナー受講券」もセットになっています。MIGが運営するBrain100 studioは、VRゴーグルを使った「空間ナビゲーション脳機能」の測定や認知症発症リスク要因のチェックにより、発症前にあなた自身のリスク参考値を算出。発症遅延に向けた総合的な予防活動を支援するプログラムです。
2020.09.10  PDF版 

アクサ生命よりシード投資ラウンドで約1億円の資金調達を実施

認知症発症リスクの早期判定と発症遅延へ向けた予防プログラム「Brain100 studio」を提供するMIG株式会社(代表取締役社長:甲斐英隆、本社 渋谷区、以下MIG)は、アクサ生命保険株式会社(代表取締役社長兼CEO:安渕聖司、本社 港区、以下アクサ生命)よりシード投資ラウンドとして99,000,000円の資金調達を完了しましたのでお知らせします。これにより、創業来の資金調達総額は経産省からの助成金、キリンホールディングス株式会社との共同研究等合わせ、約3.6億円となります。 今回資本参加する アクサ生命は、認知症という巨大な社会的課題に挑戦するMIGが提供するVRゴーグルを活用した認知症リスクの早期判定技術と発症リスクを下げるサービス提供に賛同し、今回純投資として上記投資を実施しました。MIGは、調達した資金により、医療機関との共同臨床試験の実施、サービス開発の強化、商用化への準備を通じて事業の提供価値の最大化に利用し、今まで以上に強固な医学的技術基盤に基づいた経営を行っていきます。
2019.10.28 日経認知症シンポジウムにおいて、キリンホールディングス株式会社がMIGとの協業を発表しました。
2019.06.07 経産省の新連携支援事業に認定されました。